Webサイト制作

Notionでポートフォリオサイトを作るべき理由

Web制作会社へ営業するためにポートフォリオサイトを作りたい。Notionでポートフォリオサイトを作る方法を教えて。

このような疑問に答えます。

記事の内容

  • Notionでポートフォリオを作るべき理由
  • Notionのポートフォリオに載せるべき情報

記事の信頼性

  • NotionでWeb製作のポートフォリオサイトを作成。Web制作会社31社へ営業メールを送付。2社と業務委託契約を締結。継続して受注しています。

こんにちは、フリーランスエンジニアの涼です

今回、Notionでポートフォリオを作るべき理由と載せるべき情報を書きます。

※私のNotionのポートフォリオサイトもぜひご覧ください。

※Notionは一言で言うと、情報管理ツールです(類似のサービスとしてEvernoteがあります)。ポートフォリオを載せるだけでなく、読書の記録を残したり、タスク整理にも使えるので便利です。

Notionのポートフォリオ

Notionで作ったポートフォリオの例

Notionでポートフォリオを作るべき理由

Notion以外にもポートフォリオを作るツールはあります。例えば、SalonやRESUMEなどです。

特に、Salonだと画像を貼り付けるだけで完成するので手軽です。

それなのになぜNotionを使うほうがいいのか?Notionを使うべき理由を説明します。

Notionはカスタマイズが簡単

Notionはポートフォリオ以外にも様々な情報を含めることができます。

例えば、プロフィール(趣味、経歴)です。

趣味を書くことで、読んだ相手に人間味を感じさせたり、共感を呼ぶことができます。

会社勤めをした経歴を書けば、「しっかり仕事してきた人」というアピールにもなります。

他にも、価格表を載せることもできます。Notionにはテーブル機能があるので、簡単に表を作れるのです。「発注するといくらぐらいかかるんだろう?」という疑問にも事前に答えることができます。

さらに、「Webサイト制作の流れ」や「Webサイト制作で私が意識していること」などのページも作ることができます。

「この人にWebサイト制作を依頼したら、こんな流れでサイトを作ってくれるんだな」「このフリーランスは、こんな思い入れを持ってサイトを作ってるんだ」などの情報を相手に伝えることができます。

ただ画像だけを載せたポートフォリオサイトよりも、Notionでポートフォリオサイトを作ったほうが効果的にアピールできます。

ポートフォリオに載せるべき情報

Notionのポートフォリオに載せるべき情報を重要な順に書きます。

「ポートフォリオ」「価格表」「スキルセット」は必須項目です。これを書かないとポートフォリオと呼べません。

ポートフォリオ

ポートフォリオを載せることで、「案件を任せられるだけのスキルがあるか」「どんな種類の案件を今までこなしてきたか(デザイン、コーディング、LP、コーポレートサイト)」などを相手に伝えることができます。

今まで作成したサイトの画像をNotionに貼りましょう。

ポートフォリオを載せる時のポイント

できれば、GitHub Pagesにコーディングデータをアップロードし、そのURLを貼りましょう。

そうすれば、実際の画面を相手に見てもらうことができます。

特に、JavaScriptやjQueryのアニメーションは画像だけ見てもわかりません。

実際のサイトを見せることで「ちゃんとアニメーション機能使えますよ」とアピールできます。

実際のNotionの画面は以下のとおりです。ポートフォリオの配置を変えることも、ドラッグアンドドロップで一瞬です。

Notionのポートフォリオ

Notionのポートフォリオの画面です

下記は、ポートフォリオの画像をクリックした先のページです。

Comment(コメント)のところに、ポイントを書いています。

「XDのデザインカンプをもとにコーディング、WordPress導入、jQueryでアニメーション効果を付与、ContactForm7で問い合わせフォームを設置」などです。

せっかく苦労して作ったポートフォリオです。

ただポートフォリオの画像を載せるのではなく、ポイントも書いてアピールしましょう!

Notionのポートフォリオの個別画面

Notionのポートフォリオの個別画面

価格表で費用感を伝える

2番目に大切なのが価格表です。

価格表でおおよその目安の金額を伝えることで、制作会社の担当者が判断しやすくなります。「この金額なら発注しても利益が残りそうだな」と。

価格表のポイント

価格表の下に備考を書いておきましょう。

例えば、以下が例です。

・「デザイン作成、コーディング、レスポンシブ対応(スマホ対応)を行います」
→作業範囲は書いておいたほうがいいです。(わたしは最初書いてなかったので、「デザインは含まれますか?」と質問をされました)

・対応時間:月曜〜金曜 朝9時〜夜18時
→仕事に使える時間を書きます。働けるのが週2日なのか、週5日なのか。それによって、納期やレスポンス速度も変わるからです。

Notionの価格表

Notionの価格表

スキルセット

スキルセット(専門的なスキル)も書いておきます。

「Webサイト作れます」だけでなく、具体的にどの言語を使えるかを書いておきましょう。

たとえば、以下が例です。

・フロントエンドコーディング(HTML/CSS/JavaScript/jQuery/WordPress/PHP/Sass)

・Webデザイン

・Webディレクション

経歴で「しっかり仕事してきた人」をアピールする

Notionには経歴も書いておきましょう。

私の例だと以下の3つです。経歴を書くことで「これまでしっかり仕事してきた人」というアピールができます。

①東京大学大学院(経済専攻)
→「東大の院出てるのか。頭いいんだろうな」

②富士通で法人営業4年
→「企業相手に営業してたのか。コミュニケーションが丁寧そうだな。」

③ノマドエンジニア育成講座のiSaraに参加
→「スクールに通ってたのか。エンジニアとしての教育を受けたんだな」

Notionの経歴

Notionの経歴

まとめ

今回、Notionでポートフォリオサイトを作るべき理由と、ポートフォリオに含めるべき情報をまとめました。

ご参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

名無し

-Webサイト制作

Copyright© Web制作ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.